スポンサー広告

スポンサーサイト

 →甘いのはチョコだけじゃなくあなたへの気持ち
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png about
もくじ  3kaku_s_L.png 金色のコルダ
総もくじ  3kaku_s_L.png 遙かなる時空の中で
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【甘いのはチョコだけじゃなくあなたへの気持ち】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「遙かなる時空の中で」
遙か3(景×望)

無題

 →甘いのはチョコだけじゃなくあなたへの気持ち
「景時さん!笑ってください!!」

どうしても我慢できなくて、目の前の長身に立ちはだかって精一杯睨み付ける。

「えっ??ええ??どう…したの??笑ってって…俺、今笑ってたよ?」

そう言うと、また笑う。
他の人が見たらきっと思うだろう景時の笑顔は『満面の笑み』だと、でもどうしても自分にはそうは思えなかった、彼の笑顔にはなぜだか据わりの悪さを感じている、どこか意識して作った笑顔の一つ後ろには薄いフィルターがかかったような…。

『そんな白々しい笑いが欲しいんじゃない…』

この人の心からの笑顔が見たいと思った、ただ無邪気に幸せを笑顔に変えるようなそんな笑顔が…。
春を過ごして夏になる頃には望美は景時が心から笑ったことがないのに気づいた、彼の笑顔を封じているものが何なのかは解らない、解らないけれどそれを理由に笑ってくれない事が無性に切なかった…。

『………好きなんだ………』

自分の気持ちを解ってしまえば簡単だった、彼の心からの笑顔を望んだことも。

「だから、ちゃんと本当に笑ってください!」

強くそう言いながら鼻の奥がツンとしてくる…目の中に溜まるしずくはもう少しでこぼれ落ちる寸前で何とかとどまっている。
こんなわがままで不器用な自分を知らない。
笑って欲しいと願いながらその笑えない理由を知りたくないと怯える自分がいる、笑えないと否定されることを怖がる自分がいる…それなのに自分は、目の前の優しい人に『笑え』と強要する。
彼がどこか遠くへ行ってしまいそうで怖かっただけ…。

堪えていた涙が頬を一つだけこぼれ落ちた。

その瞬間ふわりと抱え上げられた、大きな胸の中にまるで小さな子どものように抱き込まれて背中に温かい手がまわる。

「…ごめんね…俺……。」

彼の声は泣いているかのように声が震えていた。

「……本当に…ごめん…。」

こんなに近くにいるのに、その心は遠くてあやふやで…、それが離れいくことに怯えて、私はその髪に顔を埋めて泣きじゃくった、それしかできない自分が歯がゆくて切なかった。

きっと自分の言葉を『伝えて』も『伝わらない』と解るから…。


おわり
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png 遙かなる時空の中で
総もくじ 3kaku_s_L.png オトメイト
もくじ  3kaku_s_L.png about
もくじ  3kaku_s_L.png 金色のコルダ
総もくじ  3kaku_s_L.png 遙かなる時空の中で
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【甘いのはチョコだけじゃなくあなたへの気持ち】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【甘いのはチョコだけじゃなくあなたへの気持ち】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。